スポーツ障害

  • ケガを早く治したい
  • 全力でスポーツに励みたい

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害動作分析で痛みのメカニズムを探します。
スポーツによる体のトラブルで、大きく2つのパターンに分かれます。

・スポーツ中の事故で骨折や捻挫を起こす
・動作の反復により、体の一部に負担がかかってしまう

また、10~15歳のスポーツをする子どもに見られる「成長痛」はオスグット症候群と呼ばれており、膝の痛みとして現れます。つるたか整骨院は、野球やサッカー・陸上などのスポーツ選手が多く通っています。

学生スポーツをつるたか整骨院は応援しています!

悪化すると・・・

スポーツ選手は我慢強い人が多く、関節の炎症や腰痛・膝痛が悪化してから治療に来られる方があります。症状が重くなると、治療に時間がかかるだけでなく選手生命も危うくなることも。体への負担が継続すると、骨折や靱帯が切れるような大ケガにつながります。

できるだけ長くスポーツを続けるために、早めの治療をしてほしいと願っています。

つるたか整骨院のスポーツ障害施術

つるたか整骨院のスポーツ障害施術

テーピング
スポーツによって負担がかかりやすい箇所をチェックし、骨のゆがみや筋肉のこわばりにアプローチします。手技を中心として、プロの選手も使う電気治療などを組み合わせます。運動前の正しいストレッチやクールダウンのアドバイスも致します。

大きな試合の前にコンディションを整える目的で、治療を受ける選手もあります。スポーツ障害の施術経験豊富なつるたか整骨院に、ご相談ください。

スポーツ障害を起こさないために

スポーツ障害を起こさないために

スポーツの現場でのサポート
自分の競技でよく起こる症状について、知識を得ておきましょう。野球選手、陸上・水泳・ゴルフ・サッカーなど、それぞれのスポーツで選手がなりやすい障害があります。

負担がかかりやすい箇所を強くするための、トレーニング方法を指導者から学びましょう。スポーツ前後のストレッチをしっかり行うのも大切です。

ページの上に戻る