坐骨神経痛治療

坐骨神経痛 その原因

坐骨神経痛 コンビネーション
「坐骨神経」は、臀部(おしり)の部分だけの痛みと間違えられがちですが、骨盤からおしりを通って足先まで走っている神経のことです。この神経が、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などの原因によって傷つくと、太ももの裏やふくらはぎに痛みが起こります。

片足だけに痛みやしびれを感じる方や、お尻からつま先までにピリピリとした痛みを感じる方は、お早めにご相談ください。

坐骨神経痛が悪化すると

「神経痛」ですので、軽度の場合はしびれや軽い痛みですが、重くなると激痛に変わります。歩けない、立てない、座れない、眠ることすらできないほどの痛みだと訴える方もいます。

椎間板ヘルニアが原因の場合に放置すると、手術が必要なほど重い症状になることも。神経の痛みは、体の不調やゆがみのサインです。できるだけ早めの治療をおすすめします。

つるたか整骨院の坐骨神経痛施術

坐骨神経痛 手技
神経の痛みを取り除く処置をしながら、坐骨神経痛の原因となっている骨や関節に働きかけます。手技と電気治療を組み合わせ、患者様の悩みに応じた治療を行います。

再発を防止するために、生活習慣の見直しやストレッチ・体操の指導も行います。

日常生活での予防策・注意点

背骨から腰のゆがみ、特に骨盤のねじれが影響します。座る・立つ・歩く姿勢を意識してまっすぐにすること。足を組む癖のある方は、すぐにやめましょう。

背骨や骨盤を支える筋力が足りない方は、腹筋や背筋運動を継続して行います。

ページの上に戻る