手足のしびれ治療

手足にしびれが起こる原因

手足のしびれ コンビネーション頸椎や腰椎の変型やズレにより神経が圧迫されて起きるしびれと、血液循環に異常があって起こるしびれがあります。触っても感覚がない、思うように力が入らないといった症状で現れます。頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニアや変形性頚椎症などが原因としてあげられます。

重度なしびれは脳卒中や糖尿病が原因となっている場合もありますので、病院で適切な治療を受けることが大切です。特に病院で診断が無かった場合は、体のゆがみを整えて原因を取り除く治療が効果的です。まずはご相談ください。

放置していると・・・

末梢神経の感覚がなくなっている状態が続くと、細かい作業や運動に支障が起こります。軽度のしびれを放置する方は多いのですが、原因となるゆがみや神経の圧迫が進行すると、激しい痛みの椎間板ヘルニアや腰痛・肘や膝の痛みとなって現れるケースがあります。

つるたか整骨院 手足のしびれに対する施術

つるたか整骨院での治療は、神経を圧迫する骨・関節周りの筋肉をほぐして、神経の働きを正常にして再発を防止します。手技を中心に、超音波・高電圧治療を組み合わせたコンビネーション治療とゆがみの矯正治療です。

ただし、痛みの激しいヘルニアや脳卒中や糖尿病によるしびれの場合は、病院での診察をおすすめすることもあります。

日常生活で注意すべきこと

腰や首に過度の負担をかけないよう、パソコン作業の多い人などは積極的にストレッチをしましょう。手足の指を開いたり握ったりする運動は、単純ですが血行促進としびれの防止につながります。

慢性的な運動不足や栄養バランスの悪い食事も、血流を悪くして神経に悪影響を及ぼします。毎日の運動と食生活も見直しましょう。

ページの上に戻る