急性期は初期治療が大切!最新治療機器で炎症を早期に抑えます、捻挫・打撲・挫傷

捻挫・打撲・挫傷

状態確認
転んだり何かに激しくぶつかったりした時は、骨折や脱臼でなくても注意が必要です。以下のような症状を起こしていることがあります。

・「捻挫(ねんざ)」…足首や手首など、関節が動ける範囲を超える圧力がかかって起こります。筋や靱帯を傷めた状態です。

・「打撲(だぼく)」…体に過度の圧力が加わり、内部組織がダメージを受けて内出血や腫れを起こした状態です。出血が無いので軽く見られがちですが、炎症がひどくなると神経にも影響が及びます。

・「挫傷(ざしょう)」…肉離れ・筋違いと呼ばれる筋肉や筋膜を損傷しているケースや、腱や関節を傷めている場合があります。

 どの部分が、どんな形で損傷しているかは専門家に見てもらわなければわかりません。つるたか整骨院では、交通事故やスポーツ・日常生活での転倒による症例を多く扱っています。

つるたか整骨院の外傷施術

テーピング
丁寧な診察に基づき、炎症や痛みを抑える処置を行います。損傷した部分が動くと悪化するため、テーピングやサポーターなどの固定具を使用するケースもあります。

症状が治まってから、関節の可動域を広げるための、リハビリ施術を行います。

スポーツ・日常生活を楽しく過ごすために・・・

 丁寧な診察に基づき、炎症や痛みを抑える処置を行います。損傷した部分が動くと悪化するため、テーピングやサポーターなどの固定具を使用するケースもあります。症状が治まってから、関節や筋を元通りに動かすためのリハビリ施術を行います。

料金について

健康保険の適応症状に関しては健康保険で それ以外の治療に関しては実費でいただいております。

ページの上に戻る